ハロン棒ch -競馬まとめ-

ハロン棒ch -競馬まとめ-は競馬のまとめブログです。




    藤田菜七子

    実際に藤田菜七子騎手が引退までに残しそうな成績

    ハロン2395

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/12/01(土) 17:03:00.88 ID:lDkQ1I4y0.net
    ・通算100勝
    ・重賞は未勝利
    ・GⅠには2、3回くらい出る
    ・30歳くらいで引退


    現実はこのくらいか

    続き3

    女性騎手の減量特典に関する新ルール正式発表 短期免許で来日する外国人女性騎手には適用されず

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/11/20(火) 16:26:33.71 ID:pQRi9mTe0.net
    女性騎手の騎乗機会拡大を図るため、来年3月1日から一般競走において適用される。
    新規定によると、50勝までは★4キロ減、51~100勝は▲3キロ減。101勝以上、または騎手免許取得後5年以上が経過した女性騎手は◇2キロ減になる。

    現在JRAに在籍している唯一の女性ジョッキー、藤田菜七子騎手(21)=美浦・根本康広厩舎=は20日時点で通算49勝(JRA45勝、地方4勝=JRA所属馬に騎乗時)をマーク。
    現在は31~50勝の見習騎手に与えられる△2キロ減で騎乗している。来年2月いっぱいまでは現行通り、50勝までは△2キロ減、51~100勝は☆1キロ減で騎乗することになるが、
    3月1日からは新ルールが適用され、それまでに2勝以上を積み上げていれば▲3キロ減からスタートすることになる。

    JRA競走部 番組企画室の柏田秀治室長は「藤田菜七子騎手の活躍は、競馬に興味のない女性や若い皆様の注目を集め、興行的にも大きな効果を感じています。
    藤田騎手は騎乗機会に恵まれていますが、これまでデビューした6人の女性騎手はほどんど騎乗機会に恵まれず、早期に引退を余儀なくされました。
    フランスや日本の地方競馬では既に導入されていますし、藤田騎手のみならず、これからデビューする女性騎手の騎乗機会を確保し、長く活躍できる環境を整えたい」と導入に至った経緯を説明した。

    対象はJRA及び地方競馬に所属している女性騎手。短期免許で来日する外国人女性騎手については適用されない。
    その理由についてJRAは、騎乗機会を与えることを目的とされたルールであり、短期免許で来日する外国人女性騎手は相応の実績を残しているため、適用する必要はない、との見解を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000097-sph-horse

    続き3

    JRA改革!菜七子ルール導入 大幅緩和で女性騎手の減量に恩恵

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/11/16(金) 03:07:05.14 ID:bpqnXqBr0.net
    JRA(日本中央競馬会)が来年1月から女性騎手に限り、減量特典を大幅に緩和する新規定を導入することが15日、分かった。
    週明けにも正式発表される。現在は男女問わず3キロ減からスタートし、通算勝利が101勝に到達するか、デビューから6年目以上になると特典が消滅する。
    新規定では女性騎手だけは4キロ減から始まり、勝利数やキャリアに関係なく永久に2キロ減は保証される。
    これにより、藤田菜七子(21)を筆頭に女性騎手が一大勢力となる時代が到来するか。

     「菜七子ルール」ともいうべき、新たな規定が誕生する。現状では男性騎手と同じルール下にある女性騎手の減量特典。
    だが、来年1月から見習女性騎手は4キロ減からスタート。50勝以上で3キロ減へと移行し、101勝すれば2キロ減。
    見習い期間が過ぎたデビュー6年目からも2キロ減が永久保証されるというものだ。

     競走馬は牝馬は牡馬より負担重量は2キロ軽いが、騎手については男女平等の条件下で行われている数少ないプロスポーツ。
    今回の新ルール誕生の背景には、JRA唯一の現役女性ジョッキーである藤田菜七子の存在が大きく影響していることは想像に難くない。
    菜七子のJRA騎乗回数はデビュー3年目で早くも1200回(15日現在)。それを支えてきたのは騎乗技術とともに、人気と減量特典だ。
    馬の負担重量が軽ければ軽いほど有利になるのは明白。競馬界では重量が1キロ違えば、1馬身、0秒2差違うと評されてきた。
    日本に先駆けて女性騎手の減量策を採用したフランスの文献では「減量効果は距離が延びるほど大きく、
    2400メートル戦で2キロ減なら計算上、3馬身1/4のアドバンテージとなる」とも報告されている。

    続き3

    菜七子騎手の重賞初勝利はどの重賞になると思う?

    ハロン2775

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/11/11(日) 20:37:29.88 ID:lksxr31Q0.net
    菜七子といえば福島
    マルーンエンブレムで来年の福島牝馬Sかな

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/11/11(日) 20:38:16.98 ID:kzQJQX8Z0.net
    日本ダービー

    続き3

    菜七子騎手が直線200mの超小回りの浦和競馬場で8番人気の馬で最後方一気を決めるw

    ハロン5647
    ※レース動画
    https://keiba.rakuten.co.jp/archivemovie/RACEID/201809271813070407

    3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/27(木) 18:14:03.60 ID:Tjt7Qpgk0.net
    浦和の騎手より菜七子のほうがうまいわ

    4:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/27(木) 18:15:29.98 ID:ltMRyCKa0.net
    これが石橋脩が言ってた理屈では説明できないムーアと菜七子が持ってる馬を動かせる何かか

    続き3

    テレ東で藤田菜七子騎手の特集

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/15(土) 22:34:16.16 ID:P4pKi8G30.net
    2018年9月15日(土) 23時00分~ SPORTSウォッチャー

    花田虎上氏生出演!進退かかる横綱稀勢の里
    8場所連続休場からの復活となるか(秘)解説!
    ▽GI出場目指す競馬界ヒロイン藤田菜七子 脚光の裏に隠された努力と苦悩に密着!

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/15(土) 22:35:24.97 ID:P4pKi8G30.net

    続き3

    藤田菜七子騎手がまた一日二勝!

    ハロン1400

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/15(土) 14:11:43.65 ID:MQ9VZoS90.net
    関東のエースだな

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/15(土) 14:12:25.10 ID:DrWhf3z90.net
    凄すぎ

    3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/15(土) 14:12:50.12 ID:r7TbjIAP0.net
    2場開催で2勝ってすごくないか

    続き3

    藤田菜七子騎手、重賞制覇祝勝会場

    ハロン2775

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/01(土) 19:44:33.64 ID:.net
    ベアインマインド
    単勝5人気
    斤量50K

    あると思います!

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/01(土) 19:45:48.85 ID:EjIfQ/8S0.net
    重賞初掲示板会場くらいにしとけ

    続き3

    藤田菜七子騎手が格上挑戦のベアインマインド(50kg)で急遽新潟記念に参戦wwwww

    ハロン1400

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/08/30(木) 16:37:01.47 ID:tFn/Wx3m0.net
    藤田菜七子が急きょ新潟記念に参戦!格上挑戦ベアインマインドとのコンビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000072-dal-horse


    前走は大野で同じ新潟2000の準OPで2着
    土曜メイン長岡Sに大野で想定だったが雨予報を嫌って回避して新潟記念に


    なお大野は新潟記念騎乗馬なしだが50kgでは乗れない(大野は51kgに乗る場合でもダイエットが必要な体重)

    続き3

    元騎手「藤田菜七子騎手はJRAの客寄せパンダに見える。」

    1:風吹けば名無し:2018/08/29(水) 15:37:18.26 ID:ByNvtTsLaNIKU.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180829-00000002-pseven-spo&p=1

    アイドル的人気だけでなく、実績も着々と積み上げつつあるが、
    そんな彼女を「あいつがGIに乗れるわけねーだろ」とぶった切る「藤田」がいる。
    元JRA騎手の藤田伸二氏(46)だ。
    1991年にデビューし、2015年の引退までに歴代8位(当時)となる通算1918勝をマーク。
    武豊に次ぐ21年連続重賞勝利、ダービーを含む重賞通算93勝(歴代8位)など数々の記録を持つ伝説のジョッキーだ。

    2013年には現役でありながら競馬界を痛烈に批判する『騎手の一分』を著し、大反響を巻き起こした。
    2015年に引退後、札幌市内でバー経営に携わる藤田氏は、同姓の後輩女性ジョッキーについてどうしても黙っていられないようだ。

    「140人くらいGIレースの騎乗資格を持つ騎手がいる中で、実際に乗れるのは18人。たった34勝しただけで乗れるほど甘い世界じゃない。
    菜七子と同期でもっと勝ってる騎手はいっぱいいるのに、なんで菜七子だけ乗れるわけ?
    オーナーが話題作りで乗せる可能性はあるけど、本当にそんなんでいいのか。経験不足で取りこぼしも多い。
    オーナーも馬を出す以上は勝ちたいから、少なくとも有力馬は回ってこないと思う。
    デビュー直後から芸能事務所に所属してたり、オレにはJRAの客寄せパンダにしか見えないんだよ」

    激しい口調で語る藤田氏。菜七子がたびたびテレビ出演し、“アイドル扱い”されていることも気になるという。
    「『炎の体育会系TV』(TBS系・6月23日放送)って番組に菜七子が出てたんだけど、その時『天才ジョッキー』って紹介されてたんだよ。
    3年目でやっと30何勝挙げたばかりの騎手が、なんで天才なわけ? オレだったら打ち合わせの時に、
    『すごい諸先輩方がたくさんいるので、そういう言葉を使わないでほしい』って言うよ。
    あるいは天才って紹介されたら、『自分なんてまだまだです』ってコメントすべきでしょう。
    菜七子には、他の騎手にどう思われるかが見えていない。
    周りにチヤホヤされて、それに乗っかってるだけで、競馬への真摯な姿勢が見えてこない。
    このままだと流されて、単なる“時の人”で終わってしまう。もっと気を引き締めてほしい」
    藤田氏が菜七子の“姿勢”に苦言を呈するのは、騎手は落馬などで命さえ落としかねない危険と背中合わせの仕事だからだ。

    続き3
      Twitter
      記事の更新情報を お知らせしています たまにつぶやきます
      ターフィー通販クラブ
      ハロン棒ch記事検索
      カテゴリー
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村


      人気ブログランキングへ



      お世話になっているサイト様
      タグ絞り込み検索