ハロン棒ch -競馬まとめ-

ハロン棒ch -競馬まとめ-は競馬のまとめブログです。




    藤田

    藤田伸二さん「大井の帝王をディスる」

    ハロン5006

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/08/14(火) 12:09:41.27 ID:7swp5jQL0.net
    的場文男騎手の最多勝記録更新について一言お願いできませんか?
    地方競馬ですがあれほど勝ち星を積み重ねることは凄いのでしょうか?

    藤田伸二「そりゃその歳までやってりぁ出来るでしょ!ほぼ毎日レースがある訳やから…」

    武豊「大先輩で尊敬しかないです。おめでとうございます」


    https://twitter.com/l8_pk/status/1028636329230262272
    https://twitter.com/FujitaOfficial/status/1028668283740778497
    http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=141145

    続き3

    元JRA藤田伸二氏「客寄せパンダ」→オジュウチョウサン圧勝で炎上 ファンの指摘に逆ギレ「かかって来いや!」暴言連発

    ハロン1380

    1:muffin ★:2018/07/08(日) 14:47:20.50 ID:CAP_USER9.net
    http://biz-journal.jp/gj/2018/07/post_7212.html
    2018.07.08

     7日に福島競馬場で行われた開成山特別(500万下)は、オジュウチョウサンで大きな注目を浴びたが、現役障害王者はその期待に応えるように圧勝。レース後、長山尚義オーナーは年末の有馬記念参戦を高らかに宣言した。

     12頭立ての芝2600mで行われたレース。武豊鞍上のオジュウチョウサンは抜群のスタートを決めると、好位をキープ。平地レースの流れにも、戸惑うことなく追走できていた。そのまま勝負所の3、4コーナーで一気に先頭に立つと、あとは独壇場。最後は手綱を緩める余裕もありながら、後続に3馬身差をつけて圧勝した。

     すでに障害レースにおいては「史上最強馬」の呼び声高いオジュウチョウサン。しかし、「異種目」といえる平地レースで通用するのか......。今回の勝利は、そんな「競馬の常識」を鮮やかに覆した偉業といえるだろう。長らく「平地」「障害」に分かれている日本競馬だが、その"垣根"に大きな衝撃を与える事件である。

     この勝利に度肝を抜かれた競馬ファンはたくさんいるが、それ以上に衝撃を受けたのは既存の「競馬の常識」に捉われるあまり、オジュウチョウサンの挑戦に否定的な見解を示していた競馬評論家たちだろう。

     その中でも元JRA騎手の藤田伸二氏のTwitterが、ちょっとした炎上騒ぎになっているとネット上の競馬ファンの間で話題になっている。

     藤田氏は、戦前からオジュウチョウサンの挑戦に不快感を示していた1人。Twitterによると「勝機はあるのか」という質問に「無し」と断言し、今回騎乗依頼を受けた武豊騎手に対しても「良く乗るよな!」と否定的な見解を示していた。さらにオジュウチョウサンには「通用しない」どころか「客寄せパンダ」とまで断じていた。

     しかし、結果は先述した通り3馬身差の圧勝。雨の影響で時計が掛かったことが味方した見解もあるようだが、今回の挑戦はそういった次元の話でもないだろう。
     この結果を受け、藤田氏も「勝つとは思ってなかったが...さすがに500万条件じゃ強かったな。距離も良かったんだろうが脱帽だよ」と自身の見解に誤りがあったことを認めたが、ファンの不満は収まらなかったようだ。「素人並みのコメント」「見る目ない」「おいおい、あれだけ断言してたじゃんか」など、藤田氏の元に厳しい指摘が殺到している。

     そこで平謝りして、素直に間違いを認め続けていればよかったのだが......藤田氏はここで「文句を言ってくる奴は覗くなや!マジうっとうしい!善良な方々に失礼やろ!」と反撃。結果的に火に油を注ぐような形になり、またも炎上した。

     「否定的なコメントに『お前もか!上等や!』『なんじゃお前、かかって来いや!』『じゃ覗くなや!』『オメーは何様やねん』など、1つ1つ丁寧にコメントを返しているところをみると、もはや炎上を狙っているようにも......。煽られて、熱くなっているだけとは思いますが、Twitterに向いている性格ではないのかもしれません。

     騎手時代はファンの多い騎手で、応援している人もたくさんいたんですが、今の姿を残念がっている人は少なくないかと......。コメントもほぼ暴言に近く、明らかに熱くなっているのがわかりますし、もう少し余裕を持った態度で対応した方がいいのでは、とは思います」(競馬ライター)

     今月で自身がMCを務めるラジオ番組『藤田伸二の生涯、ヤンチャ主義!』が1周年を達成した藤田氏。元JRAのカリスマ騎手として競馬界を盛り上げてくれている貴重な存在だが、文字として残ってしまうSNSの発言は、もう少し影響を考えた方がいいのかもしれない。

    続き3

    藤田氏レース前「通用するはずがない」→レース後「さすがに500万条件じゃ強かったな。」

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/07/07(土) 15:18:11.49 ID:bN+6HjbR0.net
    なにこれ

    3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/07/07(土) 15:18:51.69 ID:KbD5yCwq0.net
    頭源氏パイなんだから許してやれ

    続き3

    藤田伸二元騎手、麻雀試験を断念する

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/07/03(火) 21:41:37.89 ID:5hT880Js0.net
    ソースは本人のツイッター


    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/07/03(火) 21:49:04.44 ID:ELTpoPNP0.net
    パイを握る源氏パイ

    続き3

    藤田伸二「オジュウチョウサンは絶対に平地のペースに着いていけない。何のメリットもない平地参戦。」

    ハロン1380

    1: :2018/06/11(月) 10:20:05.47 ID:.net
    「オジュウチョウサンは障害でいくつもG1勝ってるし、今更平地出して、一体誰の得なのか全く分からない。
    平地に3000mなんてないし、2600mだろうが絶対に平地のペースに着いていけない。障害レースとはペースが違うんだよ。
    それでダメだったらまた障害に戻るんだから馬が戸惑うだけだけ。

    ハルウララみたいなスターホースに武豊が乗って盛り上げるというのとは全く違う訳だから。

    内部の競馬関係者に聞いたら、オーナーの一存で決められたらしい。石神からしたら何も面白くないよ。どうせ負けてダメとなるなら石神でいいじゃんて思う。誰の特にもならない、石神だけが可哀想な平地挑戦だよ。オジュウチョウサンには勝って欲しくないね。」

    続き3

    藤田伸二さん、遂にYouTubeに進出...安田翔調教師とケイティのオーナーを批判

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/04/06(金) 20:30:19.34 ID:9hC4ZW/m0.net
    安田についての話は2分14秒~


    6:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/04/06(金) 20:32:15.18 ID:yFS8Gx5X0.net
    他にすることがなくてよほど暇なんだな

    続き3

    藤田伸二さんが源氏パイを超える髪型になる

    ハロン2396

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/01/19(金) 23:47:29.62 ID:VAgZFLta0.net


    クッソw

    続き3

    藤田伸二「吉田豊の頸椎骨折は即死の可能性もあったらしいやん」

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/12/12(火) 17:55:59.61 ID:AoyKDx9u0.net

    続き3

    藤田伸二さん、スワーヴリチャードの乗り代わりにブチギレwwwwwwwww

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/11/04(土) 16:49:17.71 ID:GuhQai2B0.net
    藤田 伸二? @FujitaOfficial

    なに!
    アルゼンチン共和国杯、ダービー2着馬が乗り替わり…?
    さっき知ったわ。

    ウォッカも勝ってから…

    ホンマに関係者の判断はどうかしてるぜ!
    アホちゃうか!

    四位も怒れ!!!

    https://twitter.com/FujitaOfficial/status/926713223201427456

    続き3

    元JRAジョッキー藤田伸二氏 地方騎手免許1次試験不合格 再受験の意思は無し

    ハロン1380

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/25(月) 17:04:02.22 ID:iGL2GIIQ0
     元JRA騎手の藤田伸二氏(45)が、地方騎手免許1次試験を通過できなかったことが25日、分かった。同氏は15年9月に引退し、ホッカイドウ競馬での騎手復帰を目指し、15日に筆記による1次試験に臨んでいた。

     電撃引退から2年。「“藤田伸二を乗せたい”という理由で馬主免許を取得した馬主さんもいる。生まれ故郷の北海道で、お世話になったオーナーの馬に乗れたら…と思ったのが理由」
    と再デビューを目指した経緯を熱っぽく語っていたが、夢はかなわなかった。「今年だけの一発勝負」と今回限りの受験であることも明かしている。

     藤田伸二氏「電話で不合格という連絡があった。競馬に乗ることには自信があっても、こうやって筆記試験を受けるのは約30年ぶり。
    実際、難しかったから。応援してくれた人たちには“ありがとう”と言いたい。試験は今回の1回だけで、もう受けるつもりはない」

    ソース元
    藤田伸二元騎手地方競馬騎手1次試験突破ならず 「応援してくれた人たちには“ありがとう”」|デイリースポーツ2017.9.25(Mon)
    https://www.daily.co.jp/horse/2017/09/25/0010586649.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/horse/2017/09/25/Images/d_10586668.jpg

    続き3
      Twitter
      記事の更新情報を お知らせしています たまにつぶやきます
      ターフィー通販クラブ
      ハロン棒ch記事検索
      カテゴリー
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村


      人気ブログランキングへ



      お世話になっているサイト様
      タグ絞り込み検索