ハロン棒ch -競馬まとめ-

ハロン棒ch -競馬まとめ-は競馬のまとめブログです。




    斤量

    豪コーフィールドのハンデが絶妙すぎて何も言えない件…

    ハロン2147

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2019/09/10(火) 19:48:54.77 ID:irKE9nkJ0.net
    10月19日にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるコーフィールドC(G1・芝2400m)のハンデキャップが10日、発表された。

     予備登録を行った日本調教馬は、
    メールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が55.5kg、
    マイネルファンロン(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)が51.5kg、
    スズカデヴィアス(牡8、栗東・橋田満厩舎)が53.0kg。

     JRAから豪州に移籍したアンビシャス(牡7、豪・A.フリードマン厩舎)は52.5kg。
    また、アヴィリオス(セ5、豪・J.カミングス厩舎)とハートネル(セ8、豪・J.カミングス厩舎)が58.0kgで、ゴドルフィン所有のG1ホース2頭がトップハンデとなっている。
    https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=160158

    日本のハンデキャッパーと取り替えてくれ
    あいつら頭おかCって…

    続き3

    新聞記者「非難承知で言う。ハンデ戦にもっとメリハリが欲しい」

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2019/08/28(水) 08:25:58.40 ID:eWwfdv6A0.net
    非難承知で言わせてもらいます。ハンデ戦にもっとメリハリが欲しい。全馬横一線のゴールを目指すなら、人気薄はもっと軽量でいいし、
    実績馬には頑張ってもう少し“背負って”もらうこともやむなし。ハンデ戦好きのオサムはそう考える。穴記者の放言はここまで。
    ハンデ戦の新潟記念。14、15年に同レース連覇の実績がある友道厩舎が、今年はユーキャンスマイルを送り込む。
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2019/08/28/kiji/20190827s00004048440000c.html

    続き3

    女性騎手の減量特典に関する新ルール正式発表 短期免許で来日する外国人女性騎手には適用されず

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/11/20(火) 16:26:33.71 ID:pQRi9mTe0.net
    女性騎手の騎乗機会拡大を図るため、来年3月1日から一般競走において適用される。
    新規定によると、50勝までは★4キロ減、51~100勝は▲3キロ減。101勝以上、または騎手免許取得後5年以上が経過した女性騎手は◇2キロ減になる。

    現在JRAに在籍している唯一の女性ジョッキー、藤田菜七子騎手(21)=美浦・根本康広厩舎=は20日時点で通算49勝(JRA45勝、地方4勝=JRA所属馬に騎乗時)をマーク。
    現在は31~50勝の見習騎手に与えられる△2キロ減で騎乗している。来年2月いっぱいまでは現行通り、50勝までは△2キロ減、51~100勝は☆1キロ減で騎乗することになるが、
    3月1日からは新ルールが適用され、それまでに2勝以上を積み上げていれば▲3キロ減からスタートすることになる。

    JRA競走部 番組企画室の柏田秀治室長は「藤田菜七子騎手の活躍は、競馬に興味のない女性や若い皆様の注目を集め、興行的にも大きな効果を感じています。
    藤田騎手は騎乗機会に恵まれていますが、これまでデビューした6人の女性騎手はほどんど騎乗機会に恵まれず、早期に引退を余儀なくされました。
    フランスや日本の地方競馬では既に導入されていますし、藤田騎手のみならず、これからデビューする女性騎手の騎乗機会を確保し、長く活躍できる環境を整えたい」と導入に至った経緯を説明した。

    対象はJRA及び地方競馬に所属している女性騎手。短期免許で来日する外国人女性騎手については適用されない。
    その理由についてJRAは、騎乗機会を与えることを目的とされたルールであり、短期免許で来日する外国人女性騎手は相応の実績を残しているため、適用する必要はない、との見解を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000097-sph-horse

    続き3

    JRA改革!菜七子ルール導入 大幅緩和で女性騎手の減量に恩恵

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/11/16(金) 03:07:05.14 ID:bpqnXqBr0.net
    JRA(日本中央競馬会)が来年1月から女性騎手に限り、減量特典を大幅に緩和する新規定を導入することが15日、分かった。
    週明けにも正式発表される。現在は男女問わず3キロ減からスタートし、通算勝利が101勝に到達するか、デビューから6年目以上になると特典が消滅する。
    新規定では女性騎手だけは4キロ減から始まり、勝利数やキャリアに関係なく永久に2キロ減は保証される。
    これにより、藤田菜七子(21)を筆頭に女性騎手が一大勢力となる時代が到来するか。

     「菜七子ルール」ともいうべき、新たな規定が誕生する。現状では男性騎手と同じルール下にある女性騎手の減量特典。
    だが、来年1月から見習女性騎手は4キロ減からスタート。50勝以上で3キロ減へと移行し、101勝すれば2キロ減。
    見習い期間が過ぎたデビュー6年目からも2キロ減が永久保証されるというものだ。

     競走馬は牝馬は牡馬より負担重量は2キロ軽いが、騎手については男女平等の条件下で行われている数少ないプロスポーツ。
    今回の新ルール誕生の背景には、JRA唯一の現役女性ジョッキーである藤田菜七子の存在が大きく影響していることは想像に難くない。
    菜七子のJRA騎乗回数はデビュー3年目で早くも1200回(15日現在)。それを支えてきたのは騎乗技術とともに、人気と減量特典だ。
    馬の負担重量が軽ければ軽いほど有利になるのは明白。競馬界では重量が1キロ違えば、1馬身、0秒2差違うと評されてきた。
    日本に先駆けて女性騎手の減量策を採用したフランスの文献では「減量効果は距離が延びるほど大きく、
    2400メートル戦で2キロ減なら計算上、3馬身1/4のアドバンテージとなる」とも報告されている。

    続き3

    西村くん体重調整ミスる

    ハロン5800

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/10/28(日) 15:00:14.42 ID:U8VgwnH90.net
    悪夢の山田世代…なお乗り替わりできる騎手いない模様

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/10/28(日) 15:00:34.01 ID:airVLXCn0.net
    暗黒世代わろた

    続き3

    本当に斤量でそこまで変わるのかな?

    ハロン2621

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/10(月) 21:32:23.89 ID:eXv2G3ZE0.net
    そこまで関係ないだろ

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/10(月) 21:35:39.38 ID:398RO0JN0.net
    変わるよ

    3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/10(月) 21:35:48.61 ID:oCuPeu200.net
    じゃあそれで予想すれや

    続き3

    昔ってGⅠ勝ってれば毎日王冠とかでは59kgだったよな

    ハロン4646

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/03(月) 20:59:49.38 ID:3HqoNU440.net
    いつから変わったん?

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/03(月) 21:02:37.31 ID:ePA9lfLs0.net
    賞金で変わるだけで変わってないけど

    66:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/09/04(火) 17:30:10.65 ID:Sw6mvc4t0.net
    >>2
    何ほざいてるの?

    続き3

    松田大作騎手が事故のため乗り替わり

    ハロン5487

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/08/11(土) 10:46:07.88 ID:KmToST0F0.net
    またかよ

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/08/11(土) 10:46:52.32 ID:vzHS3cjc0.net
    交通事故か?

    続き3

    矢作調教師「競馬業界全体の発展の為には女性騎手減量制度の導入は不可欠」

    ハロン2147

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/06/20(水) 16:24:33.10 ID:REeo4zO60.net
    既報の通り、藤田菜七子騎手が先週2勝を挙げて通算31勝(地方交流競走を含む)となり、減量が1キロ減って『2キロ減』の見習騎手となった。
    同時に、GIレースへの騎乗が可能となる。競馬を盛り上げる意味でも、喜ばしいことだ。

     彼女はうちの坂井瑠星と同期だったので、競馬学校時代から騎乗を見ていた。
    正直、デビューした頃は筋力が足りず、また、騎座も不安定で見ていて心もとなかった。
    しかし、関係者の努力やオーナーのご理解を得て多くの騎乗数を獲得したこともあり、随分上達したように思う。
    追う姿勢もしっかりしたし、女性特有の当たりの柔らかさで、彼女だから動く馬もいるようだ。
    敏腕エージェントの中村氏もサポートしているし、もっともっと活躍して、ファンを魅了してほしいと願っている。
     ただ、この盛り上がりを、彼女だけの一時のブームにしてはならない。
    そのためには、女性騎手だけの減量制度の導入が不可欠である。
    フランスではすでに実施されていて、かなりの成果を挙げている。具体的には男性プラス1キロ程度のアドバンテージが妥当であろうか。減量を卒業した後も平場に限り1キロの減量があればなお良い。

    続き3

    池添騎手「50キロは厳しい」マーメイドSルネイションの依頼を断る

    ハロン2090

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/06/06(水) 08:13:06.75 ID:ehFIKhB00.net
    【マーメイドS】ルネイション、格上挑戦も予想外ハンデに“うれしい悲鳴”
    https://www.daily.co.jp/horse/2018/06/06/0011327296.shtml

    「ハンデは52キロくらいだと思い、51キロまでなら池添君に頼んでいた」と師。しかし、発表されたのは思いも寄らぬ50キロ。
    「恵まれた」と喜ぶ一方で「池添君には“50キロは厳しい”と断られた」と苦笑いを浮かべるが、
    「乗れるジョッキーは限られているし、何人かは既に考えている」と鞍上はスムーズに決まりそうだ。

    続き3
      Twitter
      記事の更新情報を お知らせしています たまにつぶやきます
      ハロン棒ch記事検索
      カテゴリー
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村


      人気ブログランキングへ



      お世話になっているサイト様
      タグ絞り込み検索