ハロン1007

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/05/13(日) 12:47:17.81 ID:UfooyJJc0.net
――ヴィクトリアマイルのキーマンは間違いなく横山ジョッキー。戦術面の話を聞きたい
横山典 ハッキリ言って、俺の感覚を文字に押し込めようとしても無理だよ。言葉って便利だけど、しゃべればしゃべるほど真実から遠ざかるもの。
だって君は競走馬に乗ったことがないだろ。だから伝えても限界があるし、なにせ俺自身がハッキリと伝えられない。馬にまたがったときのヒラメキだし、俺しか分からない感覚だから。

――横山さんが馬を感じるように、僕も横山さんを感じますので、お願いします
横山典 そうだね。取材って感覚より「感じよう」と思った方がいい。まず、相手は生き物ってこと。アクセルを吹かせば速く進み、ブレーキを踏めば止まるってもんじゃない。
だから俺は馬が語りかけてくることをストレートに感じ取る。「よく馬の言葉が分かるの?」って聞かれるけど、分からなくはないよ。

――ゲートの中で馬との会話をするのか
横山典 またいだ瞬間から始まっているんだ。馬との意思疎通は。レースだけでなく、攻め馬に乗ったり、馬屋に行って顔をなでたりもする。
その中で“馬の最大のパフォーマンスは何か”を突き詰めていく。これは他のジョッキーでも分からないと思う。俺だけの感覚だから。

――多彩な戦術はいつ、どのタイミングで決めているのか
横山典 その馬にもよるし、そのレースにもよるね。まあ、長年の勝負勘じゃないけど、体が勝手に動くんだ。無意識とはちょっと違う…。
だからね、今こうやってしゃべっている自分と、レースの自分って、本当に別人なんだ。あとでリプレーを見ると「オイオイ、いいのかよ、こんな乗り方!」って怖くなる。
俺、恐ろしいことやってるなって(笑い)。でもレースでは自信満々。ある意味、二重人格だよ。飲んだら三重人格になるけど(笑い)。

続き3