ハロン棒ch -競馬まとめ-

ハロン棒ch -競馬まとめ-は競馬のまとめブログです。




    調教師・馬主

    尾形師「調教師は営業マンではなく、職人であれ」

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/23(金) 09:03:56.86 ID:OG/OBzUV0.net
    今月末で定年の尾形充弘調教師、JRA通算800勝10頭出しで決める!
    http://www.hochi.co.jp/horserace/20180222-OHT1T50229.html

    10~12年に調教師会の会長を務めた人格者。
    「時代が人と社会を変えていくから、批判することはないよ」と、
    移りゆく競馬界を受け止めながらも、心には確固たる軸がある。
    「調教師はジェネラリストではなく、スペシャリストであってほしい。
    営業マンではなく、職人であれ。そのくらいの誇りとプライドを持ってやってもらいたい」
    と、後進にメッセージを送った。

    続き3

    音無厩舎「誰が乗っても大丈夫な馬を作らないといけない」

    ハロン4726

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/23(金) 07:10:49.57 ID:Pzk/dxML0.net
    若駒だけに気性の若さを見せてしまうのは仕方がない。ただ、ダノンマジェスティの問題が厄介なのは、普段はおとなしく扱いやすい馬だということだ。

    「僕の責任です。ゲートの中でソワソワするようなところを見せていたし、せめてゲートまでついていってあげれば良かった。
    でも、それよりも(松若)風馬が乗っても勝てるように、誰が乗っても大丈夫な馬をつくらないといけませんから」と肩を落とすのは担当の平井助手。そこで音無調教師も大なたを振るってきた。

    「放牧に出して、次は担当者を代えてみる。レースも次は左回りの大寒桜賞(3月24日=中京芝2200メートル)を内田博騎手で使う予定。ダービーを目指していきたいし、そのためには条件をガラッと替えないといけない」

    https://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/918961/

    続き3

    ノンコノユメ加藤調教師 「ネットなどで厳しく批判されましたが、やっとですね。良かった」

    ハロン4646

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/19(月) 06:31:51.40 ID:1PsXI2jR0.net
    【フェブラリーS】ノンコノユメ 豪脚復活 王者破ってつかんだJRA・G1初V

    「フェブラリーS・G1」(18日、東京)

     末脚が府中の直線でさく裂した。4番人気ノンコノユメが、先に抜け出した1番人気ゴールドドリームをゴール寸前で首差とらえ、
    待望のJRA・G1初制覇。関東馬は98年グルメフロンティア以来、20年ぶりの勝利となった。
    連覇を狙ったゴールドドリームは2着、さらに首差の3着に6番人気のインカンテーション。
    ハイペースに巻き込まれた2番人気のテイエムジンソクは12着に沈んだ。

    気性の激しさが、その“馬生”を大きく変えることになった。牝馬だけでなく、牡馬に対しても馬っ気が強く、時には担当厩務員にも飛びかかるほど。陣営は苦悩の末に、去勢する道を選んだ。しかし、激しい気性こそ鎮まったものの、なかなか結果を出すことができなかった。

     「ネットなどで厳しく批判されましたが、やっとですね。良かった」と加藤征師は感慨深げ。
    完全復活を遂げた姿に、「もともと右の股関節が弱く、ケアしながら使ってきたけど、昨年の夏にしっかり休ませたことが良かったようです」と笑顔がはじけた。

     今後については「もう十分なパフォーマンス。これ以上望んだらかわいそう。
    あとはオーナーの意向に従います」としたが、優先出走権を得たBCクラシック・米G1(11月3日)には「興味がありますね」とニヤリ。
    もう後ろは見ない。眼前には、さらなる大きな夢が広がっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000010-dal-horse

    続き3

    柴田善臣騎手が二ノ宮師に感謝 「自分に厳しくて妥協しない人だったけど、俺には甘かった」

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/14(水) 08:11:34.61 ID:7MCmabCA0.net
    二ノ宮調教師の勇退発表は多くの関係者に衝撃を与えた。エルコンドルパサーの主戦だった蛯名騎手は、
    「当時そういう挑戦は無謀で、“日本馬でここまでやれるんだ”ということを教えてくれた。
    いろいろな経験をさせてもらった。(勇退は)寂しい、しかないですね…」と振り返り、
    「恩返しできなかったことがたくさんあるけど、今まで教えられたものを自分たちが
    伝えていかなければいけないと思う」と決意を新たにしていた。

    また、二ノ宮師の管理馬でGI2勝を含む105勝を挙げた柴田善騎手も
    「とにかく馬に対してすごく一生懸命な人。自分に厳しくて妥協しない人だったけど、
    俺には甘かった。感謝しかないですよ」と寂しそうな表情を浮かべていた。

    http://race.sanspo.com/keiba/news/20180214/etc18021405020005-n1.html

    続き3

    池江師がJRAの番組改編に困惑「3歳牡馬オープンのマイル戦がない。4月のアーリントンCまで待つ」

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/12(月) 07:47:19.79 ID:JbmHkbQz0.net
    新馬、千両賞と連勝したサンラモンバレー(牡、父ロードカナロア)がアーリントンCに出走予定という話題になった時でした。
    「結構、間隔があきましたが、何かあったんですか?」と聞くと、「番組がないんですよ」と池江調教師はポツリ。
    話を聞くと、牡馬のオープン馬が出走可能なマイルのレースがないというのです。

    確かに調べて見ると、その通り。1月の1週目にジュニアCとシンザン記念がありますが、千両賞を走った同馬にとっては厳しいローテ。
    その後、マイルのオープンのレースとなるとエルフィンSやチューリップ賞、アネモネSぐらいしかないんですよ。
    昨年までは阪神開幕週にアーリントンCがあったのですが、今年からNHKマイルCの前哨戦的な要素を強めるため、
    4月中旬の施行に変更。そのため、マイル路線の馬は7ハロンのファルコンSぐらいになるのかな。
    まっ、とにかくレースが少ないのです。池江調教師にとって、サンラモンバレーはマイル路線にこだわりたい1頭。
    ということで、アーリントンCまで“待つ”ことが必要なんですよね。

    色々と変えることは大事なんですが、そのたびにあれっと思うことも出てくるとしたもの。
    ただ、大レース(今回はNHKマイルC)直前に重賞を集めるよりは、適度に散らばせる方がいいのかなという気はいたします。
    http://www.hochi.co.jp/horserace/pog/20180211-OHT1T50154.html

    続き3

    2018年度 調教師・騎手免許試験合格者発表

    ハロン2395

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/13(火) 10:15:56.17 ID:p1y3CY2a0.net
    http://www.jra.go.jp/news/201802/021301.html

    騎手免許試験合格者(新規)

    西村 淳也 にしむら あつや 

    http://www.jra.go.jp/news/201802/img/021301_01.jpg

    服部 寿希 はっとり としき 

    http://www.jra.go.jp/news/201802/img/021301_02.jpg

    山田 敬士 やまだ けいし 

    http://www.jra.go.jp/news/201802/img/021301_03.jpg

    続き3

    JRA2調教師勇退と10調教師定年引退発表 二ノ宮師ら勇退、小島太師・岩元師・尾形充師・加藤敬師らが引退

    ハロン1380

    1:丁稚ですがφ ★:2018/02/13(火) 13:11:01.79 ID:CAP_USER9.net
    調教師12名が勇退・引退

    2月28日(水曜)をもって、調教師2名が勇退、10名が引退することとなりましたので、お知らせいたします。

    勇退調教師
    柴田光陽(栗東) 二ノ宮敬宇(美浦)

    引退調教師
    池上昌弘(美浦) 岩元市三(栗東) 尾形充弘(美浦) 加藤敬二(栗東)
    小島  太(美浦) 佐藤正雄(栗東) 二本柳俊一(美浦) 福島信晴(栗東)
    目野哲也(栗東) 和田正道(美浦)

    JRAニュース
    http://jra.jp/news/201802/021302.html

    続き3

    二ノ宮敬宇調教師が2月いっぱいでの勇退を正式発表

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/13(火) 10:10:53.62 ID:PgTgvpWE0.net
    1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタと2度にわたって仏GI凱旋門賞2着を経験するなど、
    多くの名馬を育ててきた中央競馬の二ノ宮敬宇(よしたか)調教師(65)=美浦=が13日、
    今月いっぱいで勇退することをJRAを通じて発表した。

    二ノ宮師は、牧場勤務を経て、1978年に橋本輝雄厩舎の調教助手として競馬界入り。
    90年に調教師免許を取得して、厩舎を開業した。
    98年にエルコンドルパサーで共同通信杯を制して重賞初勝利を果たすと、
    NHKマイルC、ジャパンCも勝ってトップトレーナーの仲間入り。
    99年には同馬で約半年におよぶフランス遠征を敢行し、
    仏GIサンクルー大賞優勝、凱旋門賞2着など実績を残して、世界にその名をとどろかせた。

    2005年以降、昨年まで13年連続でJRA重賞勝ち。
    10年に宝塚記念を制して、凱旋門賞でも2着に奮闘したナカヤマフェスタや、
    14年の最優秀2歳牝馬ショウナンアデラ、16年の皐月賞馬ディーマジェスティなど、続々と一流馬を育成した。
    12日現在、JRA通算6946戦676勝。重賞はGI・6勝を含む30勝で、ほかに海外での重賞2勝がある。

    14年から16年にかけては日本調教師会会長を務めるなど活躍してきたが、
    昨年以降は体調を崩し、入院による療養期間もあって陣頭指揮をとれないことが増えていた。
    現在は自宅から近い美浦トレセンでの調教に顔を出しているが、定年まで5年を残して勇退を決断。
    日本調教馬の可能性を広げ、世界との距離を飛躍的に縮める偉大な功績を残した名トレーナーが、
    惜しまれつつトレセンを去る。

    http://race.sanspo.com/keiba/news/20180213/etc18021310050004-n1.html

    続き3

    定年の小島太師「今だから言えるが、騎手の方が面白かったな。騎手時代の夢を今でも見る」

    ハロン1380

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/08(木) 06:17:02.26 ID:eKqqwEi10.net
    小島太師 定年控えた今も見る騎手時代の夢「面白かった」
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/02/08/kiji/20180207s00004048436000c.html
    「調教師としては裏方に徹したが、負けたレースの方が記憶に残っている」。小島太師は胸の内をこう明かした。
    「今だから言えるが、騎手の方が面白かったな。パドックに遅刻して大急ぎで騎乗馬にまたがる。そんな夢を今でも見るんだ」

    続き3

    【朗報】里見治さん、5年連続ダービー出走に間に合うwwwwwww

    ハロン3720

    1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/04(日) 15:40:43.05 ID:kp9tbFsw0.net
    あれだけのネタ馬主がすっかりダービー常連馬主になったな

    2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/04(日) 15:41:39.20 ID:4ZqcCvtA0.net
    ダービージョッキー古川吉洋

    続き3
      最新記事
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村


      人気ブログランキングへ

      競馬



      お世話になっているサイト様
      オッズパーク
      管理人のつぶやき
      オリンピック
      楽し~

      (・ω・)
      ターフィー通販クラブ
      ハロン棒ch記事検索
      タグ絞り込み検索